名妓連組合
とは

ご挨拶

この度は名妓連組合のホームページにお越しいただき、まことにありがとうございます。


名妓連組合 組合長 金丸

名妓連合とは

名妓連組合(めいぎれんくみあい)は、愛知県名古屋市中区にある舞妓・芸妓の団体。

1952年(昭和27年)、名古屋芸妓株式会社として設立。その後、組合員の減少により解散するも、2002年(平成12年)に名妓連組合として新発足しました。

また、2009年(平成21年)10月に行われた54年ぶりとなる熱田神宮本殿遷座祭では、奉祝行事の舞踊を踊らせていただきました。

日本舞踊、鳴物、太鼓・鼓、笛・邦楽、三味線、唄などの稽古があり、伝統芸である「金の鯱」の習得は必須となっております。

1952年(昭和27年) 名古屋芸妓株式会社として設立
1958年(昭和33年) 名妓をどりを名鉄ホールにて39回まで開催
組合員減少により株式会社を解散
2000年(平成12年) 11月に新生名妓連組合として発足し、現在に至る
名妓連 集合写真