2016年2月3日料亭河文にて節分祭りのお知らせ

2016年01月11日

2016年2月3日料亭河文にて節分祭りのお知らせ

節分の日に仮装をして鬼を追い払う行事である『節分おばけ』。旧暦では節分は年の終わりであり、鬼がやってきやすい日とされています。そこで鬼を追い払う意味での追難式や豆まきが行われていました。その一環で仮装をして鬼を追い払うこのおばけは、江戸時代頃より昭和初期にかけて京都を中心に広く民間で行われていた楽しいお祭りです。

その後、戦争を境に急速に衰え、現在では京都祇園や大阪北新地などに残るだけになってしまいました。 

おばあちゃんは振り袖を着て、男は女装をし、女性は男装をするなど、身分や属性を超えた格好をすることが許された特別な日です。その異装をして四方の寺社をお参りする四方詣りで1年の厄を落とせると考えられていました。まさにイタリアのカーニバルやアメリカのハロウィンに近い楽しいイベントが日本にも昔からあったのです。 

今回、河文では名古屋でもこの文化を盛り上げるべく、節分おばけ祭りを開催いたします。当日は名妓連組合の芸子さん・舞妓さん、お座付きも普段の日舞とは全く違う踊りをご覧いただけます。 又、もちつきにも是非ご参加ください。 

 

■日取り  平成28年2月3日(水)

■時刻   17時30分受付 18時開演 

■御代   23,000円 

(鑑賞代、お食事代、お飲み物代、税、サービス料が含まれております)

■問合    052-222-0873

一般予約の受付は12月1日からです